【解説記事】バーチャルオフィスにはどんな利点がある?

この記事ではバーチャルオフィスを利用するメリットについてご説明をしていきます。まずは相手に安心感を抱かせる知名度のある住所が手に入る+初期費用が非常に低い(低リスク)で事業を展開できるという事です。

基本的に皆さんがバーチャルオフィスに求めている事と言えば、『起業して間もないので知名度は無いが、一等地の住所に登記して相手に信頼感を持ってもらい、スムーズに事業を展開していきたい』というものです。そして賃貸オフィスを借りるほどの資金が無い(もしくは働く場所が自由なのでオフィスが必要ない職種である)場合が多いです。

バーチャルオフィスにはオフィスを借りるという概念は当然ながらありません。なので通常オフィスを借りるとかかってしまうようなお金(敷金、礼金、保証金、前家賃など)を支払う必要が無いわけですね。かかるとすればサービスを使う上での入会金のようなものぐらいでしょうか。

ブランド力のある登記住所が手に入る+初期費用を圧倒的に抑えながら事業を始められるサービスをバーチャルオフィスは提供しています。

次にバーチャルオフィスを使えば自宅の住所で登記するのを避けることが出来るということです。プライバシーの問題で個人情報の流出を防ぐ為に自宅住所で登記をしたくないと考えている方が増えているようです。それもそのはずで、今の時代会社の住所に関しては名刺さえ手に入ってしまえばGoogleのストリートビューなどで簡単に建物の外観を調べられます。仮に自宅住所で登記をすると家の住所を明かしている事になり、特に女性に関しては危険な事態にならないとも限りません。そういったリスクを少なくする為に登記をバーチャルオフィスの住所で行う事が出来るというのはメリットと言えるでしょう。

また、上記で軽くお伝えしましたがバーチャルオフィスで一等地の住所を手に入れられることはビジネスをスムーズに展開する上で重要になってきます。相手と名刺交換をした際に好印象を与える事が出来ますし、仮にバーチャルオフィスだと相手が分かったとしても、しっかり自分なりの理由を伝えられれば信頼も得られることと思います。

最後にバーチャルオフィスを使うことの利点として、不測の事態に対応がし易いという事が挙げられます。基本的に仕事場が決まったオフィスでなく、例えば自宅などで行っている場合は通勤が発生しない為、交通渋滞や公共交通機関の遅れに左右されることなく業務が行えます。従って安定的に仕事が出来る為、取引先の急な依頼に対応がし易いのが利点です。

以上、バーチャルオフィスを使うメリットを解説しました。

Follow me!