【解説記事】東京の支店を作りたいならバーチャルオフィスが最適

【リスクを分散させて東京に支店を作るには?】

→低リスクで東京に支店を置きたいと考えた場合、まずは東京へ進出した場合の事業の成長から得られる利益と資金がどれくらい必要になりそうなのかを天秤にかけて判断することが多いと思います。当然の話ですがかかるお金は少なければ少ないほどありがたいものであり、進出するハードルも下がってくると言えるでしょう。通常の場合は賃貸オフィスを借りて現地の人を雇ったりして、、といった手順を踏むと物件の敷金+礼金+前家賃+採用費+人件費と数百万は下らない莫大な資金が必要です。しかしバーチャルオフィスであればその心配はなくなってきます。

・一口に東京に支店を置くと言っても具体的にどういったメリットが発生するのでしょうか?東京にバーチャルオフィスを使って支店として住所を置いたとします。すると当然ですが名刺やHPに地方にある本社住所に加え、東京の住所を記載することが出来ます。新しく名刺交換をした方や、HPを閲覧した方からすると地方+都内に会社があるということなので全国的に展開しているイメージを与えられます。つまりこちらも商圏を全国に設定する事が出来ますし、本社がある地元以外からの各地域からの受注も見込むことが出来ますよね。

・東京に支店の住所が名刺にあるだけで相手に与える印象も変わります。今まではあなたの会社に対する印象が、『地方にある地元密着の会社』から『地元に強いことに加え東京にも進出している信頼性の高い会社』に格上げされることもあるでしょう。こういった事もメリットだと言えるでしょう。

・バーチャルオフィスを見ていく上で重要になってくるのはまずは住所です。あなたの会社をブランディングをしていく上でも重要です。もちろん住所が全てを決める訳ではありませんが、中長期的に事業を続けていく事を考えると大事なのは間違いありません。ネットで検索し候補を絞ったら実際に見学をすることをお勧めします。オフィスの外観は事前のイメージと違いがないか、常駐するスタッフの方がいるかというのも細かく見れると良いですね。