【解説記事】レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いとは?

・バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いについてこれから解説をしていきたいと思いますが、まずはそもそもバーチャルオフィスとはなにか?レンタルオフィスとは何なのかの部分を明らかにしていきたいと思います。

バーチャルオフィスとは日本語にすると仮想の事務所。主に提供しているサービスは法人登記、住所登記に利用できる住所の貸し出しや、郵便物の受け取りと転送です。電話秘書といって問い合わせに対し取り次ぎや内容のメモを残してくれるような役割を果たしてくれるものがあったりします。

レンタルオフィスとはその名の通り賃貸オフィスを提供しているサービスです。自分でビルオーナーと賃貸契約を結ぶ必要がなく、業務に必要な設備が揃った状態で部屋を借りる事が出来ます。まとめると、そもそもの用途が違うという事になります。まずはここを頭に入れましょう。

・バーチャルオフィスとレンタルオフィスには利用料金にも大きく差があります。バーチャルオフィスの月額料金の平均は大体4,000円~5,000円くらいの所が多いです。それに対しレンタルオフィスは平均で50,000円前後となっています。あなたが中長期的にバーチャルオフィスもしくはレンタルオフィスを使おうと考えている場合、その価格差がに積み重なっていくので単月でみるより更に差が出てきてしまいます。どちらが自分にフィットしたサービスになっているのかしっかり吟味して利用するべきだと言えます。

・バーチャルオフィスは住所を借りるだけのものなので基本的に住所地へ通勤して仕事をするという場面は発生しません。しかしレンタルオフィスは当たり前ですがオフィスを借りた場所へ行って仕事をします。つまり毎日の通勤が発生するかしないか、という部分もポイントになってきます。また、業種や仕事の特性だったり、開業要件を満たす上でオフィスを借りる必要がある場合はもちろんレンタルオフィスを検討すべきでしょう。しかし場所を選ばず仕事が出来るような環境である場合にはバーチャルオフィスの方がフィットしたサービスになるという事になると思います。