【解説記事】バーチャルオフィスの審査合格への道

【審査に合格するために出来る限りの事をしよう!】

バーチャルオフィスの審査に合格するためにはどういった事に気を付けるべきなのでしょうか?一番に出てくるのは社会人として当たり前の事をしっかり出来るようにするという事です。事業内容ももちろん大事ですが、どういった人がその事業をやるのかというのがもっと重要性が増してきます。

例えば会話のキャッチボールが出来ない、自分の要求ばっかりしてオフィス側の話を聞かないなどは言語道断です。全体的に態度が横柄であるというのも問題ありと判断されてしまう事でしょう。上記のような事は絶対に控えましょう。

バーチャルオフィスの審査時にどういった事が行われるのかというと、具体的にどのような事業を行っているのか、HPが存在しているかといった確認が入ります。申込内容に何か間違ったり、偽ってしまった箇所は無いでしょうか?そういった不備があると不信感が募ってしまうので正確に書類には記入する事を心掛けましょう。バーチャルオフィスの審査担当者の方との信頼の積み重ねが大事です。過去にオフィスの移転が複数あったとしても正当な理由であれば包み隠さず伝えてしまいましょう。隠し事が何かあるのではないかと疑われてしまうのが審査を不利に導きやすい状況を招きます。

あなたがバーチャルオフィス申請時に売り上げが全く立っていなかったとしても問題はありません。自分はこういったことをしたいんだと誇りをもって伝えることが重要です。

当然ですが、行おうとしている事業が公序良俗に反するものであったら審査は通りません。例えばあるバーチャルオフィスは以下のような項目を審査不可となっています。

・アダルト

・ギャンブル

・ネットワークビジネス

・情報商材販売

・出会い系

・政治活動

・宗教活動

・活動目的が不明瞭な団体 等

バーチャルオフィスにとって営業していて一番避けたい事とは一体何なのでしょうか?それは審査を許可した方が他の利用者に迷惑をかけることを行ったり、貸し出している住所がマネーロンダリングや詐欺に使われてしまって汚れてしまい、事業継続が困難になってしまう事です。

Follow me!